表彰楯を名入れして特別なものに

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行事やイベントで優秀な成績を修めたときに表彰楯をもらう瞬間というのは誰にとっても誇らしいものです。もらえるだけでも感動的ですが、そこに自分自身の名前が加えられていると、自分の頑張りがより明確に評価されたものとして特別なものとしてさらに輝きを増して見えることでしょう。楯そのものの種類もたくさんありますので、名入れだけでなくサイズやデザインなど形にもこだわってみるとさらに喜んでもらえる記念品となります。
楯となると公のシーンで使うというイメージがあるかもしれませんが、近年はお祝い事などにも使われています。退職や昇進といったようなことにも利用できますし、家族や友人グループ間でちょっとした表彰をして絆を深めるなど、どんな使い方をするのかは自分たちの工夫次第と言えるでしょう。

どんな楯を使うのかも工夫のしどころです

表彰楯と言っても探してみるとかなりの種類がありますから、どれにしようかと悩んでしまうのではないでしょうか。美しいクリスタルを使ったものや、デザインもフリーで使える楯、女神モチーフや王冠、鳳凰など、祝福をするのにぴったりなものがずらりと並びます。サイズそのものも手頃な小さめのものから、よく目立つ大きいサイズまでいろいろあるので、名入れのしやすさも考慮した上で決めると良いでしょう。
素材も金属や木製など多種多様なので、時間の許す限りじっくりと見比べていくと満足度も高まります。レリーフはオリジナルで製作してくれる場合もありますので、特別な演出をしたい時には相談してみて下さい。センスの見せ所とも言えますので、予算などもあると思いますが細部にもこだわっていきましょう。

予算に合わせて選べるのも嬉しい

表彰楯の準備をする時には、やはりどれぐらいの料金がするのかも気になってくるところでしょう。お店の品揃えによっても変わってくる部分ではありますが、手頃なものだと楯そのものは1,000円前後からでも探す事ができます。一般的に多く見かけるのは3,000円から5,000円クラスですから、予算的に迷うのであればこの中から選ぶようにすると気兼ねなく揃えていく事ができるでしょう。
楯の素材によっては1万円から2万円ほどする価格帯のものもあるのですが、その分だけ醸し出す雰囲気は高級感も漂いますので、お祝いの気持ちを表すのにもより特別さを感じられます。表彰者に対して渡すものとなると、選ぶ側にとっても緊張する瞬間です。シーンに応じて予算に合わせたものを選んで祝福をしましょう。

ピックアップ記事

表彰楯は様々なデザインや素材から自由に選択できます

イベントや競技などを行う場所では、優秀な成績を残した方に何かしらの方法で表彰するようなことがあります。賞状などを用いることは最も基本的なことですが、特別なイベントの場合では他にも表彰楯などを贈ることも...

表彰楯を名入れして特別なものに

行事やイベントで優秀な成績を修めたときに表彰楯をもらう瞬間というのは誰にとっても誇らしいものです。もらえるだけでも感動的ですが、そこに自分自身の名前が加えられていると、自分の頑張りがより明確に評価され...

デザインを選んで表彰楯を購入する

何らかの大会などで表彰が行われる時、その規模の大小に関わらず上位者の方にはトロフィーや表彰楯といったものが贈られるものでしょう。とはいえ、初めて表彰式を開催する場合にはトロフィーなどはどのようにして購...

オリジナル表彰楯は専門店に依頼を

スポーツ競技団体では、オリジナルの表彰楯はなくてはならないグッズです。さまざまな専門店がありますが、表彰メダルやトロフィーや記念品を多く扱っている専門店ならばオリジナル表彰楯の製作に関しても慣れている...


メリット